« 本屋は欠かせない | Main | 地区大会で学ぶ »

2008.11.18

少し早い予告

次の単著の再校正を終えました。
これが最後。もうあとは出版を待つだけだ。今年中にはできあがるのでは・・・と思っています。

今までの単著(3冊)はノート指導や学級通信をテーマに、ノウハウをイラスト入りで書いたものでした。今回は全て文章のみ。しかも新書版。内容は教師としての自分の生き方や仕事のしかたを書いたものです。
「まえがき」の一部を紹介します。

-------
自分にとって幸いだったのは、すばらしい出会いがあったことです。初任校でのすばらしい先輩方。その後の勤務校での同僚の先生。各種研究会で学ばせていただいた先生。そして、何百人となる教え子とその保護者の皆さん。それぞれが、自分にとってかけがえのない出会いでした。そして、出会った分だけ自分が教師として学ぶ興味も対象も広がりました。
------

この出会い、そして興味のあった分野について書きました。本ができたらまた紹介をします。

|

« 本屋は欠かせない | Main | 地区大会で学ぶ »

Comments

JJです。これは楽しみですね。いつ出版なんですか?正寿さんの教師人生が垣間見えるかも…!
単著、いいですね。私の目標でもあります。

Posted by: JJ | 2008.11.18 at 20:49

JJさん、コメントありがとうございます。
12月末には何とか間に合うのでは・・・とのことでした。JJさんの力なら、単著発刊は間近だと思いますよ。ぜひ社会科の本を!

Posted by: サトマサ | 2008.11.18 at 21:17

早く読みたい!です!

Posted by: ながたく | 2008.11.18 at 23:19

ながたくさん、コメントありがとうございます。
出版前からこのように思われていること、たいへん嬉しいです!

Posted by: サトマサ | 2008.11.19 at 05:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 本屋は欠かせない | Main | 地区大会で学ぶ »