« 今年の冬休み | Main | 新刊出版! »

2008.12.26

中学校の冬休み

小中併設校のよさは今まで何度か書いてきた。その中の一つに中学校の様子がわかることがある。
自分は小学校勤務の経験しかないので、中学校の様子は話だけである。実際に冬休みに学校に来ていて、中学校のペースを見て、「ああ、こうやって子どもたちを育てているんだ」と感心することしきりである。

小学校の場合、冬休みに入ると子どもたちが登校することは本校はほとんどない。夏休みは水泳練習や行事等で子どもたちも学校に来るが、冬休みはやはり別である。
しかし、中学校は毎日子どもたちが登校して、補習学習とクラブ活動を午前中にみっしりと行う。1月も同様である。(むろん年末年始は休みだが)
3年生担任は入試のための仕事を計画的に行っている。英語の先生は海外派遣の引率関係の仕事。こういうのは小学校にはない業務である。教務さんに提出する出席簿の様式はずいぶんと小学校と違っていた。
冬休みは冬休みで小学校と中学校の業務や雰囲気の違いを感じる。

このような様子を実感できるのも小中併設だからこそ。見聞きすることは自分の経験に役立っている。

|

« 今年の冬休み | Main | 新刊出版! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今年の冬休み | Main | 新刊出版! »