« 今年を振り返る | Main | 今年のモットー »

2008.12.31

今年を振り返る2

5 スーパーサブを目指して
 小規模校の教頭として、最初のうちは事務仕事をメインにして行っていた。しかし、慣れてきてからは、校内全てのことに積極的に関わってきた。授業を週に十数時間受け持つようになったり、環境整備のための仕事もどんどんした。むろん、校長の補佐がメインであり、さらに教務・研究・生徒指導面でのサポートにも心掛けた。全て「サブ的立場」だが、スーパーサブを目指していこうと思っている。

6 学びの場
 単身赴任となり、積極的に学びの場に出かけるというのは厳しくなった。その中でVHSは大切な学びの場だった。スタッフである東北青年塾も2年目に入り安定してきた。来年もこの状況は続く。限られた環境の中で、学びをどう工夫していくか。自分の学び術が試されている。

7 新しい仕事
 今年もいくつかのプロジェクトに参加させていただいた。実物投影機のプロジェクトは、新任校での校内のICT活用がより広がる結果となった。雑誌の編集協力や新聞の連載も価値ある仕事だった。教頭職ゆえの仕事は初体験のものが多かったが、今までの財産が生きた。仕事の原則を学ぶことの大切さを痛感した。 

8 たくさんの課題
 いいことだけを書いたが課題はたくさんある。管理職として知識・経験の不足。教頭実践の不足。また、研究面での停滞も課題だ。日常でもインプットをもっとしたかったが、これも不足。全て来年の課題だ。
 それでも、まずは今年健康でいい1年が送れたことは本当に有り難いことだと思っている。

|

« 今年を振り返る | Main | 今年のモットー »

Comments

佐藤先生の実践に出会えたことが
今の自分に繋がっています。

結果的に、佐藤先生を知って家本先生を
知ることにもなり、それが池田先生、野中先生
と繋がっていったのです。

繋がりが広がることは、成長につながりますね。

今後ともよろしくお願いします。

Posted by: ながたく | 2009.01.01 at 00:48

ながたくさん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

積極的な出会いは自分の人生を変えます。
今年もそのような出会いがあればいいですね。

Posted by: サトマサ | 2009.01.01 at 11:53

本はアマゾンで注文しましたが、
すごいことになっていますね。

読んでいないのですが、
ブログなどでも紹介したいと思います。

授業NWに出す実践を書いていて、
やはり、先生との出会いが大きかったと思いました。

ぼくの大きな機転になったのは、
「授業のアイデア3・4年 授業を楽しむコツ70」でした。あれで、ぼくの教師人生が変わりました。

あの本のおかげで、今の僕があると思います。
お世辞などではなくて本当にそう、思います。

結果として、あの本と同時期に、筑波附小へ行き、
学級づくりを学び・・・と広がっていきました。

Posted by: ながたく | 2009.01.01 at 22:40

ながたくさん、コメントありがとうございます。
多くの方にブログとメーリングリスト等でご紹介いただいたので、ただ今、本は在庫切れです。年末年始ということもあるのだと思います。

一冊の本で教師人生が変わる・・・著者としてこれほどの喜びはありません。もっとも、そのように生かしたのは、ながたくさんです。同じ本でも生かし方は人それぞれですからね。その点では、ながたくさんの問題意識や行動力があったからこその変容だったと思います。これは大切なことだと思っています。

Posted by: サトマサ | 2009.01.01 at 22:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今年を振り返る | Main | 今年のモットー »