« 最近読んだ本・雑誌から | Main | 大学時代を思い出した »

2009.01.23

様々な分掌を担当するということ

 今日は町の学校保健研究大会であった。他校の健康教育に関わる取り組みや病院長さんの講演を聞き、有意義であった。自分の学校でも取り組みたいことについても考えることができた。
 考えてみれば、自分自身は学校の分掌の中で「保健部」に属した経験はほとんどない。初任校で2年間、安全担当になっただけだ。しかも主担当ではなかったので、何かを積極的に提案したという記憶がない。教諭時代の多くは研究部の推進委員や研究主任・学年主任がメインの校務分掌であった。似た校務分掌が多かったということは、自分の「強み」になったということで有り難かった。

 反面、保健部のようにほとんど関わることがなかった分掌については、実践面でも記録があまり残っていない。むろん、かぜ予防、インフルエンザ対策、むし歯対策、避難訓練の事前指導等すべきことはきちんと行ったが、工夫までいったかと言えばそこまではしていない。
 今年度では、その点管理職としてどの分掌にも積極的に関わっていること、そしてこのような町の学校保健会の担当にもなっていることで学ぶことが多い。そうすると必然的に関心も高まる。「強制されることの効果」である。

 そう考えれば、似た校務分掌が多かった自分の場合にはそれが「強み」になったが、異なる分掌を様々担当する場合には、広く様々な経験が自分の関心対象になりそれが「強み」にもなる。校務分掌の考え方としてこういうことも言えると感じた。

|

« 最近読んだ本・雑誌から | Main | 大学時代を思い出した »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 最近読んだ本・雑誌から | Main | 大学時代を思い出した »