« 大学時代を思い出した | Main | 苦手なものに挑戦 »

2009.01.25

有り難い感想に元気をいただく

拙著「価値ある出会いが教師を変える」(ひまわり社)を刊行してから1カ月がたった。

今までの本と違う手応えを感じている。
それは読者からのメールが多いのである。知人はある程度わかる。
しかし、今回は未知の方からのメールが時々届く。今までの著書は「まれに」という程度だったのに。
「価値ある出会いが教師を変える」の中に「講演者・著者に手紙を書く」という内容のものを書いた影響もあると思う。以下、引用である。

■講演者・著者に手紙を書く
 (中略)仕事上でも同様である。それは、こんな話を本で読んだからである。

 自分が感動した本や講演があったら、著者や講演者に対して礼状を書くといい。何も返事を期待するためではない。その本や講演の内容をもう一度自分なりに整理するためである。

 このことを聞いて「なるほど」と思った。本を読む。感動する。勇気がわく。そして行動する。
 しかし、日常はそれほど変わらない。また、いつもの生活に戻る。本を読んだあと、自分なりに考えを整理しておけば別なのであろう。しかも、読書ノートをつけるよりも、礼状の方が相手意識がある分、思考も深まるであるかもしれない。
 ということで、講演会や授業等で大変勉強になった時に、礼状を書くことにした。ただし、数はそれほど多くはない。ひんぱんに講演会や参観授業ができるわけではないからだ。年に二~三回、礼状を出すくらいであった。

この内容に共感して送ってくださった方もいるようである。
有り難いことである。
しかも、一つ一つのメールの文面が「こういう読み方もあるのか」「こう感じとってくれて嬉しい」という内容である。メールを読みながら、私の方が元気をいただいている。
著書を出す喜びはこういうところにもあるのだと感じている。

|

« 大学時代を思い出した | Main | 苦手なものに挑戦 »

Comments

やっと今日読ませていただきました。
30分ほどで読み終わってしまったほど、読みやすく
内容も心におちるものでした。

サトマサ先生と私は採用年が同じ年なのですね。
時代を思い出しながら読むことができ
うれしく思いました。

Posted by: Y.Mochizuki | 2009.01.25 at 23:40

Mochizukiさん、コメントをありがとうございます。
30分とは速読ですね。「一気に読み終わりました」という感想はけっこう届いています。
採用からすでに24年経ちました。あと1年で四半世紀ですが、あっという間でした。

Posted by: サトマサ | 2009.01.26 at 05:07

いえ、
それだけ読みやすくポイントがおさえられていた、
ということです。

Posted by: Y.Mochizuki | 2009.01.26 at 06:58

Mochizukiさん、ありがとうございます。
感謝します。

Posted by: サトマサ | 2009.01.26 at 19:26

本当にいい本でした。
佐藤先生との出会いが決定的にぼくを変えつつあります。
池田先生も野中先生もぼくは佐藤先生からつながっていきましたから。まさに価値ある出会いです。

Posted by: ながたく | 2009.01.28 at 01:35

ながたくさん、コメントありがとうございます。
先達との出会いも価値がありますが、これからの時代を拓く後輩たちとの出会いも価値があります。ながたくさんもそのお一人ですね。カスタマーレビューもありがとうございました。

Posted by: サトマサ | 2009.01.28 at 06:32

注文していた先生の本が今日届きました。
待ちました。その分、楽しみになります。
読後、感想等を自分のブログに記してもよろしいでしょうか。
今週中には読み終えます。

Posted by: teru | 2009.01.28 at 21:58

teruさん、コメントありがとうございます。
長らくお待たせしました。(今はアマゾンでは即購入できるようです。)
ブログの件、有り難いことです。のちほどURLを教えていただければと思います。ありがとうございました。

Posted by: サトマサ | 2009.01.28 at 22:16

素晴らしい本でした。ありがとうございました。
・今年から、blogによる情報発信・ハガキを書くことを楽しい修行にしています。
・今日は、出張で研究集会に参加したのですが、「原理原則を意識したまとめ」を早速試してメモしました。
・「国語の漢字指導で15分の模擬授業を」…これ確か京都橘大学でのセミナーでしたよね?? これ、聴きに行きました!
長くなってすみません。自分のblogにも書かせていただきました。
「學び魂」
http://edublog.jp/teru3128/

Posted by: teru | 2009.01.30 at 22:15

teruさん、コメントありがとうございました。
本からの学びをさっそく実行されていますね。すばらしいことです。ブログも拝見させていただきました。毎日が「感謝!」で終わっているのがとても新鮮かつ大事なメッセージだと感じました。これからも時々訪れますね。ありがとうございました。

Posted by: サトマサ | 2009.01.30 at 23:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大学時代を思い出した | Main | 苦手なものに挑戦 »