« 校務の情報化の大切さを痛感した | Main | 小規模だからこその児童会活動 »

2009.02.25

イチローのニュースから

WBCが話題になっているようである。もっとも平日のテレビのスポーツニュースで知るぐらいだが。
話題の中心はやはりイチローのようだ。

そのニュースで印象的なシーンを見た。通算の安打記録を持つ張本氏が、イチローの練習風景を見ていた。そこにイチローがやってきて、挨拶をするシーンだった。
張本氏とイチローの会話。

イチロー「教えてください。バッティングを」
張本「教えることは何もないよ」
イチロー「人間的なことを教えてください」

張本氏の言ったことは本音だと思う。教えることがある人は、いないのでは・・・と想像する。それでいながら、イチローは「教えてください」と言っている。むろん短い会話であるし、ふだんから大先輩に対しては、そのように言っているのかもしれない。それにしても、バッティング技術とメンタル面を向上させようとする姿勢がこの会話から感じられた。
張本氏は「イチローは先頭に立ってランニングをしていた。一人だけ半袖だった」と話していた。きっとその態度から、後輩たちも学ぶであろう。
このエピソードから自分が学ぶことも多い。

|

« 校務の情報化の大切さを痛感した | Main | 小規模だからこその児童会活動 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 校務の情報化の大切さを痛感した | Main | 小規模だからこその児童会活動 »