« 春野家ケータイ物語 | Main | 雪像作り活動 »

2009.02.21

あえて地域を回る

卒業式まで1カ月を切った。
教頭の仕事として保護者および来賓に案内を出す。
来賓のうちの十数名は地域の方々である。そのうち、児童や生徒の保護者には子どもにお願いするが、その他については直接自宅を訪れて配付することにした。
今までは近くの子どもたちにお願いをして・・・というようにしていたし、けっこう広い学区で雪も深いので時間もかかる。

しかし、今回は直接配付をしたいと思っていた。来賓の皆さんの家をしっかりと覚えるということもある。学区を改めて見てみるということもある。教頭は地域との窓口と言いながら、意外と地域を回る時間も限られている。
そして、何よりも来賓の皆さん(場合によっては家族)に直接「ぜひ卒業式にいらしてください」と直接お話をできるのが一番と考えたからだ。確かに「いや、わざわざどうも、どうも」「ご丁寧に」と直接言われると訪れた甲斐があるものだ。

「地域のよさ」を知るためには当然地域をフィールドワークしなければわからない。「いつかは・・・」と思っていて、もう1年近くが経ってしまう。春になってから、改めて地域のよさを本格的に調べてみよう・・・そんな気ににもなった地域回りであった。

|

« 春野家ケータイ物語 | Main | 雪像作り活動 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 春野家ケータイ物語 | Main | 雪像作り活動 »