« 失敗談と参考文献 | Main | 共感できる原稿 »

2009.04.26

季節はずれの雪

今日も寒い日だった。4時過ぎのテレビを見ていたら「高速道路閉鎖」のニュースが入ってきた。「そんなに風が強いのか」とWebを見てみたら、何と「県北の雪で閉鎖」とのこと。

いつも夜に移動している自分にとっては、驚きである。県南では予想できない天気であった。天気予報にも雪は出てこなかった。こういう時にネットは強い。改めて天気予報を確かめると、曇りマークであるが、yahooの「みんなで実況!今の天気」は雪の数値ばかり上がっていた。今度はライブカメラを探してみる。すると、高速道路は真っ白。

ここからは即決。かなり早い晩ご飯を食べ、すでに交換していたタイヤを冬用に交換。ガソリンスタンドにもっていったら、「えっ?」と店員さんが驚いていたけど、「県北は雪です」と言って、急いで前だけ交換してもらった。
高速道路が閉鎖されると国道が大混雑する場合もあるので、降りるインターチェンジも混雑しないところに決めた。5時出発。

結果的に自分が県北に着く頃には雪も小降りであった。高速道路は閉鎖されたままだったが、道路もノーマルタイヤでもゆっくりいけば大丈夫だった。
結果論から言えば、そんなに急いで出発しなくても・・・ということになるかもしれない。
しかし、「自分が余裕をもって運転できる」ということを考えたら、今回の判断はよかったと思う。遅い出発だったり、「ノーマルタイヤで大丈夫か?」と不安を抱えたまま運転したりしていたら、少なくても安全面の確率は低くなっていたであろう。
さらに今回の出来事で改めてわかったことがあった。「リアルタイムのWeb情報の有り難さ」と「自分の中での優先基準があれば判断も早い」ということである。情報収集と判断基準は危機管理においての重要ポイントであろう。これも一つの学びである。

|

« 失敗談と参考文献 | Main | 共感できる原稿 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 失敗談と参考文献 | Main | 共感できる原稿 »