« 自分の事務仕事を見直す | Main | 複式だからこそできる「クラス替え」 »

2009.04.07

全校の担任

自分の校務分掌は「総務」である。
辞書には「組織全体に関する事務を扱うこと」と書かれている。「全体」がキーワードだと思っている。

それは実務仕事だけではない。子どもたちに関わることも同様である。
ここ2年「全校の担任」という意識で行動しているが、今年度も同じようにしていく。
たとえば・・・

・朝の校内巡視の時に早く登校している子どもたちと雑談する (以前は子どもたちが登校する前に巡視していたが、このことに気付いてから遅らせている)
・授業もする(今年も週に平均十数時間受け持つ予定。特に社会科をもつ回数が増えるのが嬉しい)
・休み時間、掃除時間、放課後も積極的に関わる
・担任の先生方への情報提供もする

担任の視点とはまた違ったものがあるだろう。それを提供するのが自分の役目である。

|

« 自分の事務仕事を見直す | Main | 複式だからこそできる「クラス替え」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 自分の事務仕事を見直す | Main | 複式だからこそできる「クラス替え」 »