« 授業者が得をするしくみ | Main | 苦手なもの »

2009.04.22

学校質問紙

本校でも無事、全国学力・学習状況調査が終了した。
問題について先生方とディスカッションするのはもちろんだが、私は「学校質問紙」にも注目していた。
これは校長先生の責任で書くものなので、私は書いていないが、これらのチェック項目が管理職として取り組まなければいけないことを示していると思われるからだ。
ちなみにこちらから見ることができる。

たとえば、校長先生からは次の質問をについて確認を求められた。

■教員が,コンピュータ等を使って,資料等を拡大表示したり,デジタル教材を活用したりするなどの工夫を行った

これは自信をもって答えた。本校のICT活用は昨年からスパークしている。

■授業学校の教育活動の情報について,前年度にどれくらいの頻度でホームページを更新し,情報提供を行いましたか。
■模擬授業や事例研究など,実践的な研修を行っている

これらは前任校ではしていたことだが、勤務校ではまだできていない。

■あなたは,校内の授業をどの程度見て回っていますか。

管理職として重要なのは先生方の授業力向上である。そのためには、参観は不可欠。自分も授業するだけではなく、先生方に働きかけなければ・・・と思った次第である。

これらの質問紙から、今必要なことが見えてくる。管理職にとっては学校運営を考えるうえで重要である。


|

« 授業者が得をするしくみ | Main | 苦手なもの »

Comments

今年は担当でした。6年生でしたので。
6年生の担任でいろいろなことが経験できるのでありがたいです。

Posted by: ながたく | 2009.04.27 at 01:59

ながたくさん、コメントありがとうございます。
6年生だから経験できること、確かに多いですね。やはり小学校担任であれば、1年と6年を経験するのは必須だと思っています。

Posted by: サトマサ | 2009.04.27 at 04:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 授業者が得をするしくみ | Main | 苦手なもの »