« 共感できる原稿 | Main |  転勤挨拶状への返信 »

2009.04.28

やはり1年生

昨日、今日と1年生に補欠授業で入っている。
入学してまだ3週間あまり。
「1年生はやはり1年生」と何度も思ってしまう。

まずは反応が豊か。思わずこちらも反応が豊かになって、表情や声も変えてしまう。すると、それがまた子どもたちにとってはおもしろかったようで・・・。
帰りの会では「今日がんばったみんなに花丸をあげます」と言って空書きで花丸を書いた。それを「はい!」とみんなにプレゼントするポーズをとったら、その「エア花丸」を「いいものもらった!しまっておこう」と子どもたちがランドセルに入れる真似をした。その動作に思わず微笑む。
こんなことが1日に何度もある。

自分が1年生を担任したのは20代の頃だ。それも2回。その時の子どもたちを思い出した。やはり反応が豊かだったし、たくさんのエピソードがあった。違うのは自分の対応。「若くてしかも担任」だったから、はみ出した行動への対応はゆとりがなかった。反省しきりである。

|

« 共感できる原稿 | Main |  転勤挨拶状への返信 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 共感できる原稿 | Main |  転勤挨拶状への返信 »