« 校内模擬授業 | Main | 健全な家庭人であれ »

2009.06.27

質問のあり方

志水先生が「質問のあり方」というエントリーを書いている。
重要な指摘である。
これは講演会での質問例であるが、授業研究会でも似たパターンがある。かつて、国語の公開授業研究会で自説に基づいた授業展開を主張していた先生がいた。他の先生から、「この研究会は〇〇小学校の仮説に基づいて授業をしている。それに基づいた意見を言うべきである」とすぐに窘められていた。全くその通りだと共感した覚えがあり、その時からその視点を失わないようにしているつもりである。

だから、このような「講演会や研究会での質問のあり方」を学び合う機会が必要だと思う。勉強している人であれば、様々な書籍で同様のことは述べられているから学んでいるとは思うが・・・。

|

« 校内模擬授業 | Main | 健全な家庭人であれ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 校内模擬授業 | Main | 健全な家庭人であれ »