« このごろのインプット | Main | 「うちどく」 »

2009.06.08

本格的ワークショップ型研究会に向けて

本校の一回目の授業研究会が今日行われた。
自分自身は町学校保健会で招集された会議があり最後しか出席できなかったが、本校にとっては価値ある研究会になったようである。本格的なワークショップ型研究会に向けて一歩を踏み出したからである。

昨年度も研究会のスタイルはある程度改善されていた。付箋紙の活用等で、ワークショップ風に少しなった部分もあった。今年度は研究主任の思いにより、本格的に導入である。管内の研究主任研で具体的に提示されたのが大きかったようである。

自分自身が前任校で行ってきたので、昨年度少しはアドバイスをしたが、やはりこのような「外からの学び」が効果的なこともある。研究主任が今日の研究会前にあれこれ聞いてきたので、即アドバイス&資料提示。さらに研究会後も今日使われた模造紙を前に少しディスカッションをした。これは自分にとっても初めての具体的なアドバイスだった。

「先生方の仕事は見守る。ただし、あれこれ聞いてきたら深くアドバイスをする」・・・これが私のスタンスである。自分に少し経験があるからといって、「こういう風にしてみたら・・・」というのは限られた時にしか言わない。その人自身が不要だと思っていれば、アドバイスも入っていかないのは当然である。
ただ、真剣に「〇〇について聞きたいんですが」「〇〇を教えてほしいんですが」と言われれば、その人は受け入れる姿勢であるから、かなりくわしく話す。それは自分にとってもその人に貢献できる機会だからだ。
これからの研究はこのパターンになっていきそうだ。これからが楽しみである。


|

« このごろのインプット | Main | 「うちどく」 »

Comments

はじめまして、毎日拝見しています。そして元気とやる気をいただいています。実は明日、ワークショップ型研究会を行う予定で、まさにタイムリーな話題でしたので、書き込んでしまいました。以前紹介されていた岩手県の教育センターのPDFファイルも参考にさせていただきました。うちの学校では初めての試みなので、とても楽しみにしています。明日はファシリテーターとしてがんばります。

Posted by: サカシタ | 2009.06.08 at 22:06

サカシタさん、コメントありがとうございます。
初めてのワークショップ型研究会ですか。ささやかな第一歩かもしれませんが、きっと歴史的な第一歩にもなると思います。初めてでも、そのよさを先生方は感じ取ってくれるはずです。気負わず、気楽にやってください。成功をお祈りしています。

Posted by: サトマサ | 2009.06.08 at 22:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« このごろのインプット | Main | 「うちどく」 »