« 野麦峠 | Main | 「明日の教室」第4巻 »

2009.07.24

1学期を振り返る

無事1学期が終了。振り返りたい。

・管理職2年目。現任校も2年目。1年目とは違い、見通しをもちながら仕事ができる点はやはりよい。この面では昨年よりはスムーズ。

・しかしながら、管理職として勉強しなければいけないことは実に多いといろいろな場で考える。たとえば事務手続き等の法規関係もそうだし、緊急時の対応・判断もまだまだだ。見識もまだまだ。今の立場での学びが少ないことを実感した1学期でもあった。

・授業へのこだわりは今年も継続。算数だけではなく定期的に社会科を教える時間ができたのは有り難かった。補欠授業で入学後すぐに1年生に数日間入ることによって自分の初1年担任時代を振り返ったり、授業が集中して担任の感覚を思い出したりしたこともあった。だまっていては授業の腕は落ちる。こだわるのであれば、授業しながら学んでいくことが必要であろう。

・昨年から懸念だった学校ホームページも何とか立ち上げた。まだまだアクセス数も少ないし、みんなで更新にはなっていないものの、はっきりと形に残るものが一つはできた。

・自分自身の校外の仕事は、5月からはずっと原稿に取り組んでいる。これは今後も同様である。自分への有り難い依頼であるし、限られた時間でも「平歩前進」をモットーに完成に近づけたいと思う。

・明日から夏休み。業務自体はいくらか余裕がでるはずだ。休暇はお盆前後のみだが、その方が放電しなくてすむであろう。外部講師の依頼も2回ある。久しぶりということで、これも感覚を失わないようにしっかりと準備をしていきたい。

|

« 野麦峠 | Main | 「明日の教室」第4巻 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 野麦峠 | Main | 「明日の教室」第4巻 »