« HP運営のヒント | Main | HP更新の難しさ »

2009.07.09

有り難き書評

書籍も発行されて半年も入ると「安定期」に入る。
この安定期というのは、売れ行きのペースが定まるということである。コンスタントに読まれ続けるものもあれば、なかなか注文されないものもある。自分の著書の中でも、ノート本は今も読まれているが、授業のアイデア本などはアマゾンランキングを見てもなかなか上がらない。
一番新しい本「価値ある出会いが教師を変える」も発行して半年が過ぎた。これまた安定期に入っている。有り難いことに今だに書評で取り上げられることがある。最近もWebで3つほど見付けた。その中の一つに「部長M ブックブログ」に取り上げていただいた。
このブログ、様々なジャンルの本を独特の視点から書いている。取り上げられるだけで恐縮するのだが、さらに「工夫を発見した」と次の5点とその詳細を書いてくださっている。

  1. 時系列で編集されている
2. 一文が短く簡潔
3. 取り上げるエピソードが具体的
4. 振り返りをうながす工夫
5. 書き手の視点が徹底的に謙虚

何度も読んで「こういう評価をしていただいて有り難い」とつくづく思った。著者冥利に尽きる。

|

« HP運営のヒント | Main | HP更新の難しさ »

Comments

私の拙い記事をご紹介くださいましてありがとうございました。1度の記事では意を尽くせなかったものですから、2回に分けたご紹介となってしまいました。1回でうまく紹介できれば良かったのですが、自分の記事ながら、一定のまとまりを保っているものに手を入れるのが難しく、あんな形になってしまいました。
私自身、近頃仕事上思うところが多々あり、そういう意味でも大変参考になった一冊でした。
ありがとうございました。

Posted by: 部長M | 2009.07.11 at 13:58

部長Mさん、コメントありがとうございました。
本当に自分にとって「価値ある書評」でした。
しかも1回ではなく続編も・・。その続編の内容は私の執筆意図をズバリ見抜いていました。その眼力には恐れ入りました。ありがとうございました。

Posted by: サトマサ | 2009.07.11 at 15:29

改めて私の記事を読んでみますと、2つに分けて正解だったかも知れませんね。「価値ある出会い」の意味が際だったように思われます。
今度もしお会いすることがあれば、記事にしなかった感想をお話ししたいと思います。

Posted by: 部長M | 2009.07.11 at 22:41

部長Mさん、コメントありがとうございます。
「記事にしなかった感想」もあるのですか!楽しみです。(ただ問題は「お会いする機会」ですね・・・)

Posted by: サトマサ | 2009.07.11 at 23:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« HP運営のヒント | Main | HP更新の難しさ »