« ジャストスクールに東北青年塾 | Main | 9割以上の参加率! »

2009.08.08

2年目が正念場

 限られた中で参加できる研修会は自分にとっては価値ある時間だ。その内容自体はもちろんだが、開始前や休み時間に同じ参加者と話すこと自体もとても大きい。

 今まで夏休み中に参加した研修会で、地域でのリーダー役となる先生の話を聞いたり、今考えている教材についての話を雑談の中で聞いたりした。中堅の先生方だ。年下の先生方の頼もしい話を聞くと元気が出る。

 周囲は年下の先生方が多いのだが、先輩方のお話はやはり印象に残るものが多い。
 とある管理職の先生から「2年目がかえってきつい」というお話を伺った。「1年目は課題の部分をガラッと変えたので成果が見えやすい。2年目はさらにその先を行かなければいけない」ということがその理由だ。

 これにはかなり共感した。自分も現任校2年目。1年目は「変えられるものはどんどん変えよう」ということで、改善策を提示できた。変化も目に見えた。2年目、その路線を継続すれば過去に遡れば改善となるが、昨年と比べれば「現状維持」ということだ。一定の期間の安定は必要だが、学校としての現状維持が結果的に下り坂に向かった例は今まで何回か経験している。そういう意味では「今が正念場」ということに気づいた。あと一週間あまりで2学期も始まる。作戦を考えていこう。

|

« ジャストスクールに東北青年塾 | Main | 9割以上の参加率! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ジャストスクールに東北青年塾 | Main | 9割以上の参加率! »