« 20年の時を越えて | Main | まさに「全員野球」 »

2009.08.17

夏休み終了

岩手の夏休みは短い。今年の夏休みが今日で終わった。3週間の夏休みを簡単に振り返りたい。

■プール業務に励む
 本校にプールがないので、隣校に借りに行く。その時は出張対応となる。その出張が最初の10日間で8回を数えた。毎日プールに行っていたようなものだ。5回は水泳記録会の練習や大会、3回はプール開放の当番である。子どもたちも熱心に通って上達した。

■限られた研修で学ぶ
 講師役は2回。昨年度お世話になった団体からの依頼である。これは昨年とは違う内容を行わなければいけないということで、それなりに準備に力を入れた。聞き手のよき反応に助けられた。自分の研修は実質1回。これは立場上仕方なし。

■原稿に苦戦
 夏休みだから学期中よりある程度時間はできるものの、原稿の進み具合は芳しくなかった。取り組んだ時間は予定通りだったが、執筆自体に苦戦。「負債」が積み重なった状態。結局は力不足なのだ。それでも次年度の勉強の機会も与えられている。これはこれで受け入れたい。感謝。

■読書も少なく
 原稿優先にしていたため、読書も少なかった。原稿関係では多くのものは読んだが、それ以外となると単行本は両手で数えられるぐらい。人間性を高めるためにももっと努力しなければ。

■出会い
 新たな出会いは限られていたが、一昨日の教え子たちとの再会は「新たな出会い」のようなものだった。強烈な印象を残した。みんなからいただいた栄養が自分の活力になりそうだ。

 ということで、この夏休みもあっという間だった。明日から子どもたちが元気に登校してくるであろう。また実践を積み重ねていこう。

|

« 20年の時を越えて | Main | まさに「全員野球」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 20年の時を越えて | Main | まさに「全員野球」 »