« 常置しているから活用する | Main | 折り返し »

2009.09.29

同職のネットワーク

町の副校長会の研修会に出席。会議の中で情報交換の時間がある。
ここで交わされる情報は貴重だ。各学校の様子だけではなく、副校長職として「ああ、このような視点で仕事をしなければいけないんだ」と学ぶことがしばしばである。今日は「施設管理」の視点での仕事ぶりを学ばせていただいた。副校長職は各学校1名。同職のネットワークはやはり有り難いものである。

学校という組織には1名だけの職がいくつかある。校長職もそうだし、養護教諭、事務もそうだ。考えてみれば、校長や副校長は今までの教員歴で何人も接してきているので、ある程度理想像が浮かぶ。ところが先日事務さんと話をして、「事務職は同職の人と同じ職場になったことはない」ということに改めて気づいた。本町は事務職さんが共同事務を週に1回行っているが、事務さんのにとってこれは貴重な情報交換の場でもあることがわかる。また、今まで接した事務さんの情報を伝えることも大切なことだと思っている。

これらのことに気づいたのも自分が一人職になってからだ。担任時代はなかなかそういうことにも頭が働かなかった。職が変われば視点は広がるものだと感じている。

|

« 常置しているから活用する | Main | 折り返し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 常置しているから活用する | Main | 折り返し »