« 教師の服装 | Main | 野村楽天の番組から学ぶ »

2009.10.17

インフルエンザにヒヤヒヤ

新型インフルエンザが猛威をふるっているが、学校現場は本当に振り回されている。
本校のように学級の児童数が少ない学校では、1名でも出れば学級閉鎖を余儀なくされる。学級閉鎖の期間中に文化祭がであれば、当然文化祭も開けなくなってしまう。
予定されていた日に文化祭が開催できなければ、いろいろな不都合が起きる。延びることによって、子どもたちのモチベーションも変化するだろうし、再度練習のために時間を費やさなければいけない。その分教科の学習も遅れる。また、保護者もその日に合わせて予定を組んでいるので、延期した日に参観できるとは限らない。何よりも、延期したからといって子どもたち全員が参加できるとは限らない・・・。というようにデメリットが次々と出てくる。

今週、同じ町内の中学校が新型インフルエンザで学校閉鎖となった。当然、我が校にも広がる可能性がある。朝電話が来たり、欠席する子がいたりすると「新型インフルエンザでは?」とヒヤヒヤしたものだった。
幸い今日段階でかかった子は小学校も中学校もおらず、無事明日文化祭を開催できそうだ。それにしても、今年度はずっと対策に追われている。昨日の朗読会の実行委員会の会議でも、会議がスタートする時点で全員がマスク着用となった。よりよい方向に向かうことを願うのみである。

|

« 教師の服装 | Main | 野村楽天の番組から学ぶ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教師の服装 | Main | 野村楽天の番組から学ぶ »