« 読み応えある11月の教育雑誌 | Main |  外国語活動は教育を広げる »

2009.10.21

講座感想の声に励まされる

8月に行われた全国学校レクリエーション大会の記録冊子が届いた。冊子にするということで時間はかかったが、自分が行った講座についての感想がまとめられているのは大変ありがたい。受講された皆さんの率直な感想が書かれているからだ。(ただ、講師に遠慮して本音で書けない部分はあるだろうから、プラスの評価はある程度差し引いて考えなければいけないだろうが。)
講師だった私が励まされるいくつもの感想があった。

・授業内容と学習ゲームが結びついて、今日の授業「わかったし、楽しかった」となれば最高だなあと思いました。
・(学習ゲームの)やり方だけに走らず、教師自身のねらいところもしっかりと持ちたいと思いました。
・あっという間の3時間でした。教室がふわっと笑いにつつまれたり、あーすごいねーという声につつまれる、そんな授業づくりをしていきたいなと思います。
・即授業に取り入れます!また、思考力を鍛えていけるような活動を教材研究していきたいと思います。

こういった感想をもったとすれば、講座のねらいが達成できたなと思う。また、分科会の雰囲気について述べた方もいた。「発言が全く苦になりませんでした」「認め合いの温かい雰囲気の中での分科会でとてもありがたく思いました」・・・見ず知らずの皆さんで一つの分科会で3時間を共にする。そういう点では、いかに分科会の雰囲気をいい方向にもっていくのも重要かということを感じた。
それにしてもこういう講座の感想にはいつも励まされる。限られた中での講師ではあるが、次の活力になる。有り難いことだ。

|

« 読み応えある11月の教育雑誌 | Main |  外国語活動は教育を広げる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 読み応えある11月の教育雑誌 | Main |  外国語活動は教育を広げる »