« オススメWeb | Main | 考えさせるWeb »

2009.10.06

管理職の心得

とある資料を読んでいて、「管理職の心得」という部分に共感した。11項目書いているが、特に共感したのは次の4つ。

・部下の失敗を黙って始末できれば、その上司は心服を得る。
・箸の上げ下げのようなことばかりいっていると、部下は指示されたことしかしなくなる。部下に責任感が薄れ、志気も上がらない。
・部下の意見は終わりまで聞け。そうでないと部下はものを言わなくなる。上司に対して部下は遠慮しながらものを入っているのが常だからである。
・部下の主張に6分の理があっても、その程度の理だと多くの場合、上司の4分の理が通る。そこに陥穽がある。

自戒したい。これらのことは教師と子どもとの関係にもあてはまるなあ・・・。

|

« オススメWeb | Main | 考えさせるWeb »

Comments

「教師と子ども」「親と子」…。あてはまるところが大きいですね。(もちろん、職場の人間関係についても。)
この4点、心にとめておきたいと思います。

Posted by: かつのり | 2009.10.06 at 21:21

かつのりさん、コメントありがとうございます。
いろいろなことに共通する原則なのでしょうね。管理職としてだけではなく、職員室内でも授業でも自戒したいと思います。

Posted by: サトマサ | 2009.10.06 at 21:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« オススメWeb | Main | 考えさせるWeb »