« 東北青年塾 | Main | 襟を正す »

2009.10.12

正直な説明が大事

3連休は家にいたので、テレビもふだんよりは多く見た。
その中で「売り上げをぐんぐん伸ばしているスーパー」の特集があった。その特色の1つが「オネスト(正直)カード」である。

『長雨の影響で、レタスの品質が普段に比べ悪く、値段も高騰しています。暫くの間、他の商品で代替されることをお薦めします。』
『6月21日から発泡酒が値下げになります。お急ぎでなければ、6月21日までお待ちくださいますとお得です。』

といったお客にとって重要な情報(でもお店にとっては売り上げ減につながる情報)を正直に伝えている。これが逆に信用を得て、お客が来るようになったということである。くわしい説明はこちら

なるほどと思った。お客が「な~んだ。損をした」と思ったらその店にはもう行かないことが多いであろう。クレームをつけるのはまだエネルギーがある人で、多くの人は何も言わずに店を変えてしまう。

そういえば、昨日の朝日新聞に、習字の筆洗いの処理について書かれていた。事前の懇談会で「後片づけで習字の学習時間が限られてしまう。申し訳ないけど、筆はご家庭で洗ってほしい」と説明していた例があげられていた。こういう説明なしで、「筆は家で洗うんだって!」と子どもに言われたら、確かに「なんで」と思うであろう。

正直な説明が大事だと思わされる情報であった。

|

« 東北青年塾 | Main | 襟を正す »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 東北青年塾 | Main | 襟を正す »