« 情報教育特集 | Main | 管理職の心得 »

2009.10.05

オススメWeb

以前に一度紹介したが、「スクール55」の授業を見るプロにインタビュー「学ぼう! 大西貞憲の授業眼力」はオススメである。
いつの間にか6回まで進んでいた。たとえば、2回の「指導案へのメモ」などはなかなかふだん話題にならない仕事術である。粗く分けると、「発問・反応」をそのまま書く例と意見・疑問を中心に書く例の2パターンではないかと思う。基本的に記録係がいる時には「発問・反応」は書く必要がないと私は考えている。だから、意見・疑問をメモして授業研究会に備えているが、今一つ有効なメモ術にはなっていない。
大西先生のこのコラムでは実際のメモの例を示しており、「やはり自分のメモに足りないのは構造化」だなあ・・・と痛感した。
一回一回が自分の不足している部分を補ってくれる有り難いWebである。

|

« 情報教育特集 | Main | 管理職の心得 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 情報教育特集 | Main | 管理職の心得 »