« 教育雑誌12月号から | Main | 今日の読書 »

2009.11.22

最近読んだ本から

発信活動を盛んにするためには、インプットも盛んにしなければいけないのだが・・・・、この頃はなかなかうまくいかず。そんな中で、最近読んだ本2冊。(2冊という数字自体が最近のまずさを物語っている)

■「節約の王道」(林望著・日経プレミアシリーズ)
 よくある節約術の本ではない。節約の「思想」について考える本といった方がいい。
・節約食とはすなわち健康食である
・虚礼に金を費やすな
・見栄ほど醜いものはない
・病気にならないことが何よりの節約である
というように、派手ではないが確かな言葉が並ぶ。だから王道なのだろう。現実はなかなかこのようにはいかないが、思想だけはもっていたいと思った。

■「教師の生きがいと学び方」(有田和正著・明治図書)
 10年前に購入し読んだ本。原稿の参考のために読み直した。
・わたしの生きがいは仕事だ
・教師としての仕事を趣味にする
・努力と挑戦をモットーに
というように、有田先生が常々話されていることが集約されている。10年前、様々な教材開発に夢中になっていた頃は、「同じ、同じ」と共感していた。立場の変化で、「今も同じ」とは言えないが、その思いはこれからも共有していきたいと思う。

|

« 教育雑誌12月号から | Main | 今日の読書 »

Comments

わたしの生きがいは仕事だ
そこまではまだまだ。

教員になったとき、自分のやりたい仕事ができて
さらに給料をもらえてうれしいことだと
思ったことを思い出しました。

ありがたいことです。

Posted by: Y.Mochizuki | 2009.11.24 at 07:13

Mochizukiさん、コメントありがとうございます。
共感します。私も常々自分の好きな仕事で給料がいただけるという有り難さを感じています。本当に有り難いことです。

Posted by: サトマサ | 2009.11.24 at 07:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教育雑誌12月号から | Main | 今日の読書 »