« いよいよ冬休み | Main | 準備と職場環境 »

2009.12.25

教育委員だより

時々チェックしているWebに「教育委員だより」があった。
私が小牧中の実践を知ってから読み始めたから6年ぐらいになるだろう。実際のスタートは8年前にさかのぼるようだ。
「教育委員だより」になっているが、最初の数回以外は教育長さんの原稿である。実に幅広い視点から教育を考えさせるWebだった。それが今回で終わりになるとのこと。最後の90%主義も共感のできる内容だった。

さて、その最後には驚いた。

「明日からは、勤労学生から普通の大学院生になります。授業研究を基本とした学校づくり、なかでも研究協議会での教師の学びをテーマとしています。どこかの教室で授業を見ていたり、授業後の研究協議会に参加していたりする姿を見かけるかもしれません。不審者などと思わず声をかけてください。」

と書かれていたからだ。最初は大学の先生になるのか・・・と思っていたが、よく読むと学生さんということのようだ。教育長さんになった方が大学院で学ばれる・・・学びは永遠だと思っているが、このようにご退職後に大学院生(しかも今までは勤務されながら大学院で学ばれていたことになる)で学ばれる方は少ないであろう。その意志に感心を通り越して感服した。もっともっとがんばらねば。

|

« いよいよ冬休み | Main | 準備と職場環境 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« いよいよ冬休み | Main | 準備と職場環境 »