« 店舗数を変えず売り上げ増 | Main | 最近読んだ本 »

2009.12.14

アウトプットはインプット

毎月15日は「コンプライアンスの日」と県で決めている。地方公務員がコンプライアンスに対する意識を高めようと設定されたものである。
自分は職場担当ということで、月一回、この日に「コンプライアンス通信」を発行している。職場内であるから、十数名の読者である。

読者数は多くなくても、自分がこの通信を発行すること自体が意味があると思っている。何もない状態ではアウトプットができない。当然インプットをしなければいけない。発行までのプロセス自体が自分の学びになるということである。

今月号は「クレームへの対応」を扱うことにした。昨年度の通信と県発行のコンプライアンスマニュアルをベースに作る。さらにネットで学校へのクレームへの対処法について提言をされている方々の文献に目を通す。小野田正利氏のものは特に参考になった。
ここで自分の経験も入れて通信を作成。「モンスターペアレンツ」「チームで対応」「よき協力者に」という3本立て。執筆に1時間あまり。学級通信等は20分ぐらいで仕上げていたが、コンプライアンス通信はいつも1時間ぐらいはかかる。増えた時間の分、インプットができるいると思っている。

|

« 店舗数を変えず売り上げ増 | Main | 最近読んだ本 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 店舗数を変えず売り上げ増 | Main | 最近読んだ本 »