« 消費生活展シンポ | Main | 弱音を吐ける職員室 »

2009.12.19

雪で恐怖

雪の恐さを味わった。
金曜日。いつものように長距離移動。この一週間、大寒波のニュースが毎日流れていて気になっていたが、職場を出る時には「今日の雪なら大丈夫だろう」と思っていた。ただし、高速は玉突き事故もけっこうあるし、安比付近は吹雪で見えなくなる時もあるので、国道をゆっくりと帰ろうと思っていた。

盛岡までは、ふだんよりは時間がかかったがまあ順調。しかし、盛岡を過ぎてから北上までの40kmが恐い時間だった。吹雪で視界が遮られる。ワイパーについた雪が凍り付き、さらにフロントガラスが見えにくくなる。一時は停車しようとする場所すら見えないほどだった。30~40kmぐらいで走っていると、後ろからダンプが迫ってくる。仕方がないので、数キロ走っては止まってワイパーに凍り付いた雪を取るという作業を十数回繰り返して何とか移動をした。
むろん「待機」という選択もあるのだが、良くなるという状況ではなかったし、良くなったとしても帰宅が翌日になってしまう。結局、5時間以上かかって自宅についた。フルに働いた後での移動なので、本当に疲れ果てた。

そして今日。天気が良くなったので「今日は大丈夫」と高速を移動していたら、数台の玉突き事故の車が右に。500mぐらい行ったら、今度は左に同じく3台の玉突き事故。数分前に起きたらしく、間もなく高速は閉鎖となった。これまた「数分早く高速に入っていたら自分がこの中に巻き込まれていたかも・・・」と想像したら、これまた恐くなった。

もともと車に関しては安全策をとっているが、それでも恐怖と背中合わせにならざるを得ないと覚悟した2日間だった。

|

« 消費生活展シンポ | Main | 弱音を吐ける職員室 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 消費生活展シンポ | Main | 弱音を吐ける職員室 »