« 「ジャストスクール」誌休刊 | Main | 公開研での特色ある冊子 »

2009.12.05

青森に行きたくなった

久々の東京。今回は帰りが移動日なので、できるだけ疲れないようにとグリーン車を利用した。やはり快適。電源があれば申し分がないのだけど。
乗車してすぐに車内誌の「トランヴエール」を見る。新幹線に乗車した時に楽しみにしている雑誌である。特集は「感性がうずく、青森を旅する」というものであった。青森出身の芸術家の特集である。

現任校は青森に近い。車で5分走れば、もう青森県の看板がある。「隣の小学校」は青森県の小学校の方が近い。朝聞いていくラジオ放送もNHK青森。(民放は入りが悪い)
今年の11月にはPTAの研修旅行があったが、青森の十和田市現代美術館に行った。「よくぞ地方の一都市でこういう美術館ができたものだ」と感心したものだった。特集で紹介されている一人目は寺山修司。三沢に記念館があるという。三沢はそれほど遠くない。高速を利用すれば1時間ほどで到着できる。さらに八戸にも美術館があるらしい。

思えば、転勤してすぐに青森も北海道も近いことを実感していながら、なかなか足が北に向かない。そうこうしているうちに、1年半が過ぎてしまった。寒さの厳しい冬は難しいが、いつか今日感じた思いを実現しよう。

|

« 「ジャストスクール」誌休刊 | Main | 公開研での特色ある冊子 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「ジャストスクール」誌休刊 | Main | 公開研での特色ある冊子 »