« 巡ってきた縁に感謝 | Main | いよいよ冬休み »

2009.12.23

講演効果

一度話を聞いた人の著作物が、以前より身近に感じられる・・・そういう経験を何度もしてきた。
日曜日に諸冨祥彦氏の講演を話を書いた。
諸冨氏はとあるリーフレットに短文を掲載している。住友生命の「職員室」というリーフレットである。このリーフレットには私の学級通信本からの引用コーナーもあり、定期的に送られてきていた。そのつど、諸冨氏の文章は読んでいたが、今回改めて読み直した。そうすると、講演での話に共通する部分が多く、改めて印象に残る部分が多々出てきた。

たとえば、「保護者と気さくな関係をつくるコツ」として、「さわやかな笑顔」「待ちの姿勢ではなく、自分から声をかける」「「手を叩く、大きな声を出すといったしぐさや振る舞い」といった具体例を挙げている。これは先日の東北青年塾の話の内容から大いに理解できる話であった。

これこそまさに「講演効果」である。人の話を聞く機会が少なくなっているだけに、今回の講演は貴重な機会だったと改めて感じた。

|

« 巡ってきた縁に感謝 | Main | いよいよ冬休み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 巡ってきた縁に感謝 | Main | いよいよ冬休み »