« 集中研修 | Main | 県教育研究発表会に登壇 »

2010.02.16

3月の教育雑誌

3月の教育雑誌は他の月のものとはちょっと違う雰囲気である。
自分にとっては2つの理由がある。1つは連載が終了してしまうことである。毎号、楽しみにしている連載が終わってしまうのは本当に惜しい。毎月定期的に新たな知見を得られるのは大きい。もう1つは、新年度の広告が入り、「また新しい年度が始まっていくんだなあ・・・」と一足早く感じられるからである。

・「現代教育科学」3月号
 連載を楽しみにしていた雑誌。明石先生、大森先生の切れ味鋭い論稿がとても楽しみだった。ズバッと批判。自分にはなかなかできないので、あこがれる。

・「心を育てる学級経営」3月号
 今号で休刊である。次号から、「授業研究21」と合併して、「授業力&学級統率力」という雑誌にリニューアルされる。若い頃、この雑誌の前身の「小学校学級経営」から実に多くのことを学んだ。それ以来、雑誌名は変わっても学級経営の参考になってきたことは確かだ。ずっととり続けた雑誌がなくなることは本当に残念である。そういう時代なのだろう。新しい雑誌を楽しみにしたい。

・「教職研修」2月号
 これは2月号の紹介である。特集が「弾力的な時間運用の工夫」。これは新年度の計画のためにはタイムリーな特集だった。時にはその時期に合わせた特集もよい。

|

« 集中研修 | Main | 県教育研究発表会に登壇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 集中研修 | Main | 県教育研究発表会に登壇 »