« 教育ルネサンスフォーラム | Main | だいぶ早い予告 »

2010.02.02

改革の志

一般のニュースはほとんどこのブログには書かない。書けるほどよく考えているわけでもないからである。

ただ、今回は書こうと思った。改革しようという同士の志に共感したからである。
大相撲の貴乃花が理事に当選したというニュースである。
一連の記事をずっと興味をもって読んでいた。
しかしながら、一門を離れたのが7人の親方と聞いて、これは当選は無理だろうな・・・と思っていた。
しかし、昨日電車の中で電光掲示板のニュースを見て驚いた。10票を獲得して当選とのことであった。

「理事にならなくては変えられない」と慣例を破っての立候補。
そして、一門を離れることを覚悟しての同調者。
さらに自分たちの同門の人ではない親方に投票した3人。
少ないながらも「改革の志」が固まり、1つの大きな波になった。
さらに貴乃花のインタビューがよかった。いきなり改革をぶち上げるのではなく、理事長のもとでしっかりと仕事をしてから・・・と語っていた。
すぐに改革をしようとしても頓挫するであろう。改革の志を持ち続け、仲間を増やし、少しずつ力を蓄えていく・・・地道であるが、大きなことを成し遂げるための一番の近道がこれなのであろう。
今回はその第一歩だった。その一歩に拍手を送りたい。

|

« 教育ルネサンスフォーラム | Main | だいぶ早い予告 »

Comments

先生 記事の内容とは違いますが、先生の本が間もなく出る様子。楽しみです。

Posted by: 福山憲市 | 2010.02.02 at 22:39

福山先生、コメントありがとうございます。今春出版されます。改めてお伝えします。

Posted by: サトマサ | 2010.02.03 at 04:55

先生の記事からいつも刺激を受けています。そして、今度は新しい本から。それが楽しみで行けません。

Posted by: 福山憲市 | 2010.02.03 at 05:49

福山先生、再度ありがとうございます。メーリングリストでも情報を流してくださり、感謝申し上げます。それにしても先生の情報収集力&発信力にはつくづく感服いたします!

Posted by: サトマサ | 2010.02.03 at 06:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教育ルネサンスフォーラム | Main | だいぶ早い予告 »