« だいぶ早い予告 | Main | お父さんパワーを感じる »

2010.02.04

子育てへの提言

本町では新入学児童の保護者対象の説明会の時に、教育相談員さんが講座を開く。
本校でも昨日30分程度という短い時間であるが、「子どもの育ちと親の役割」で講座を開いた。
今度1年生に入る保護者対象の講座である。聞きながら、「もし自分が同じ立場で話すとしたら・・・」と考えてみた。自信をもって「これがキーワード」と言えるものがうまく浮かばなかった。今回は派遣してもらえるからいいが、教育のプロとしてこういう分野でも自分なりの考えをもっている必要があるのでは・・・と反省した。

ちなみに講座は具体的な内容で参考になるものが多かった。レジュメの項目を一部列挙しよう。

■親にしかできない心の基地づくり
・根っこは心の安定剤 -スキンシップが大切-
・親が示す価値判断
・子どもの言葉に耳を傾ける
・学力のもとは話を聞きとる力
・仕事力をみつける
・読み聞かせの勧め

質問コーナーで、「子ども同士のトラブルにどう対応するか」というものがあった。それへの答えも見事だった。保護者は安心していた。「なるほど」「安心した」・・・子育てに関わってこういう気持ちになってもらうには簡単にはできない。その力も身につけたいと思ったものである。

|

« だいぶ早い予告 | Main | お父さんパワーを感じる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« だいぶ早い予告 | Main | お父さんパワーを感じる »