« 今年も乗り切った? | Main | キー発問本その後 »

2010.02.26

コメントのすばらしさ

バンクーバーオリンピックもあとわずかで終了。
職場でも日々の話題になっていた。
今日は女子フィギィアのフリー。見ごたえのある演技が続いて、改めてスポーツのすばらしさを感じた。

同時に自分は、選手のコメントにも共感している。女子フィギィアはどうしても浅田選手に注目が行っていたが、自分は鈴木選手のコメントがとても印象に残った。
「すごく幸せに感じる時間だった。滑っていて、『これで五輪が終わるなんてもったいない』と思った」といったコメントだったと思う。限られた映像で見た滑っている様子は、本当に幸せそうな表情だった。そしてフィニッシュでの涙。自分の長年の思いが昇華した瞬間だったであろう。

オリンピックに出たからこその境地。限られた人にしかできない境地ではある。
しかし、人それぞれの境地はあるはずだ。自分の境地は何なのかな・・・とふと思った。
鈴木選手は「オリンピックに出て、ふつふつと向上心もわきたってきた」とも話していた。これまたすばらしいことだ。次のステージへ進む・・・これが理想の境地なのであろう。

|

« 今年も乗り切った? | Main | キー発問本その後 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今年も乗り切った? | Main | キー発問本その後 »