« 仕事術の本 | Main | レポートを読める有難さ »

2010.02.07

会社で「部活」

今日も朝のNHKニュースの特集の話。会社の「部活」である。
離職率の高い職場で「部活」を始めたら、様々なメリットがあったという話である。運動部といった一般的なものから、「DS部」「そうじ部」といったユニークなものもあった。業務内容がパソコンに向かうことが圧倒的に多い職場ということで、人とのつながりという点で意義が大きかったらしい。

教員もこういう時間があったらプラス面も多いであろうが、今までの職場ではなかった。まあ、勤務時間外にそういう時間を使うよりは帰って家庭生活を充実させたいというのもわかる。そういえば前任校で体育実技の指導法研究を兼ねて、有志が5時過ぎに体育館で球技・マット運動・なわとび等をしていた。若手中心の活動ではあったが、メンバー同士がつながるという点も含めて意義があったと思う。
「福利厚生」という分野は今まではあまり興味もなかったが、今は立場上いろいろなことで考えざるをえない。

さて、先の部活をネットで検索したらこちらの会社らしい。
社長さんの記事だが、今までの記事も学校運営のヒントになることが多い。
「確かにそうだ。今までも習ったこと」と思うが、それを実践するのは難しいものである。だから、こういう記事に時々触れることは大変意義あることだと思っている。

|

« 仕事術の本 | Main | レポートを読める有難さ »

Comments

 お久しぶりです。自分もこの番組、
見ました。(ちらっとでしたが)
 最近、人と人とのつながりの大切さを
感じることが多かったので、
参考になりました。

 社長さんの記事も参考にさせていただきます。

Posted by: マックマン | 2010.02.07 at 22:00

マックマンさん、コメントありがとうございます。NHKのこの時間は10分弱ですが、仕事のヒントによくなります。有難い特集です。

Posted by: サトマサ | 2010.02.07 at 22:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 仕事術の本 | Main | レポートを読める有難さ »