« 小規模校の児童会活動 | Main | コメントのすばらしさ »

2010.02.25

今年も乗り切った?

今日は2月だったが最高気温は15度。すっかりと春の雰囲気である。
もっとも本校の校庭は一面雪に覆われている。3月末になってとけるであろう。

さて、今年も「冬」を乗り切るのが、自分にとっては重大事だった。
昨年も同様であったが、毎週片道200km近くを往復と寒さの厳しい冬をどう過ごすかが重要問題なのである。心配事や迷惑をかけることがあっては、仕事にも私生活にも支障をきたす。

一番は雪である。これについては昨年以上の暖冬で助かった。2度ほど、「今日の雪には参った!」ということがあったが、それ以外は実にスムーズだった。昨年に比べての「ヒヤリ」回数は減った。その点では今年の冬の吹雪の少なさには感謝!である。

もう一つは寒さ。昨年、学校の水道が凍った時にはその対応が大変だった。そこで、職場でも家でも水道対策は徹底した。自分は無事。ところが同じアパートの人の不始末で水難(水漏れ)にあうことが3回。こればかりはしょうがない。住環境が悪くなれば、生活にも影響があることを身をもって体験した。

3月といっても油断してはならないが、それでも春の足音が近づいている。来年度のことも同時進行で進んでいる。まとめの時期」と同時に「スタートのための準備時期」ということを意識して、残り1カ月がんばっていこう。

|

« 小規模校の児童会活動 | Main | コメントのすばらしさ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 小規模校の児童会活動 | Main | コメントのすばらしさ »