« ここにも中国パワー | Main | メールならではの時代 »

2010.02.20

地域回り

卒業式まで3週間あまり。
副校長の仕事として保護者および来賓に案内を出す。先週、さっそく発送した。

来賓のうちの十数名は地域の方々である。そのうち、児童や生徒の保護者には子どもにお願いするが、その他については直接自宅を訪れて配付することにした。これは昨年から変えたことだ。
それまでは近くの子どもたちにお願いをして・・・というようにしていた。まあ、その方が地域を回る分の時間、自分の仕事ができる。

しかし、こういう時には常に直接配付をしたいと思った。来賓の皆さんといえども、そんなにお会いする機会があるわけではない。学区を改めて見てみるということもある。副校長は地域との窓口と言いながら、意外と地域を回る時間も限られている。

実際に回ってみると、やはりよかった。まず直接「ご無沙汰していました。今度卒業式があります。ぜひいらしてください」と声をかけられる。そうしたら、「いや、わざわざどうも、どうも」「ご丁寧に」と言われる。これはやはり嬉しいものだ。さらに雑談までいったら・・・今回は授業の関係もあって、そこまではいかなかったが、やはり地域回りは大事と改めて感じさせられた。

|

« ここにも中国パワー | Main | メールならではの時代 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ここにも中国パワー | Main | メールならではの時代 »