« 1年生に教えられる | Main | 「20歳の自分への手紙」発送 »

2010.02.13

15ミリ短い鉛筆

新入学用品で「15ミリ短い鉛筆」が発売されている。
話をテレビで聞いた時に「なるほど!」と思った。1年生の1学期に小さな子どもたちが鉛筆をもつ姿を見て、「鉛筆が長く見えるなあ・・・」と感じたことがあった。その時に自分が感じたには「微笑ましいなあ・・・」という感じにしか思わなかった。
作った理由は、ちょっとした安全対策の意味もあるらしい。確かに姿勢が悪い子にとっては、鉛筆が目などに当たる可能性もあるだろう。そういうことも思いついたことがなかった。

このような鉛筆が出てきたのは、保護者の声らしい。教師が当たり前だと思っていることも、初めて見る人からすれば「違和感」を感じることがあるのだろう。そこから、このようなアイデアが出てくる。
何事にも「初めての人の視点」を心がける必要があると思った。

|

« 1年生に教えられる | Main | 「20歳の自分への手紙」発送 »

Comments

最近、文房具屋をのぞいた時、私は次のものに目が留まりました。
http://www.kokuyo.co.jp/press/news/20090803-002.html

みんなプリントを貼るのに困っているんだなぁと思う一方、教師がちょっと手間を加える(1サイズ小さく切って渡す)だけで、生徒からの信頼を得られると感じました。

Posted by: 學び魂 | 2010.02.14 at 08:20

学び魂さん、コメントありがとうございます。
「なるほど情報」をありがとうございました。これも子ども目線の商品ですね。そして学び魂さんがかかれているように、子どもたちも「おっ、プリントのサイズが違う」と子どもたちも思うでしょうね。

Posted by: サトマサ | 2010.02.14 at 16:33

このノートは愛用しています。
次に書く本にも紹介する予定です。

Posted by: ながたく | 2010.02.14 at 19:13

ながたくさん、コメントありがとうございます。
ご存じなのですね。さすがです。

Posted by: サトマサ | 2010.02.14 at 19:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1年生に教えられる | Main | 「20歳の自分への手紙」発送 »