« 今の自分に必要な言葉 | Main | 今年度の反省Ⅱ »

2010.03.30

今年度の反省Ⅰ

3月末は教師にとって1年間を振り返る大事な時期だ。
自分自身も4月1日が元旦と考え、毎年反省している。今年度も昨年4月1日に立てた目標に照らして反省しよう。

1 本務で複数テーマを設けて実践する
 副校長(今日から副校長となった)しての実践は昨年は不十分だった。何でもいい。複数のテーマを設けて実践する。テーマは走りながら考える。

→× 管理職2年目は厳しかった。1年目は変えやすいものが目についたので、どんどんと改善できたが、2年目はそれをレベルアップしなければいけない。下げないようにはできたと思うが、「実践」には及ばなかった。

2 本務の仕事術を身に付ける
 副校長としての仕事術がある。「文書チェックの方法」「やる気を喚起するコツ」「環境整備のイロハ」「法規の解釈のしかた」といった感じのものだ。管理職2年目の今年度。しっかりと取り組みたい。

→△ 2年目となれば1年目よりは経験も増してくる。特に校長先生のご指導もあり、文書チェックの腕は上がった(まだ不十分な点も多々あるが・・・)。しかし「仕事術」までは至らず。原理原則を見付けるようになれば、「術」になるだろう。

3 授業で自分の強みを深める
 今年度も授業は毎日数時間受け持つであろう。ICT活用、社会科、地域のよさ・日本のよさ等々、自分の強みを深めていこう。限られた時間でも実践はできる。

→× 授業自体は昨年度に続いて週に十数時間受け持ち、子どもたちのためにはなった。しかし、「強みを深めた」かと問われれば疑問。社会も40時間ぐらい授業したのに特徴的な実践はできず。来年度も授業時間は継続すると思われる。チャンスはある。

4 「職員室の担任」として実践をする
 同僚への働きかけをパワーアップする。

→△ 立場上当然様々な働きかけをしたが、結果的に「パワーアップ」までは至ってはいない。むろん、校内研究会の改善やICT活用研修会でのバックアップ等の成果はあるが、フォローがメイン。

 ×や△が多いが、仕事上で失敗をしていた・・・というものではない。すべきことは確実にしていたつもりだ。しかし、あくまでも目標に照らし合わせるとこういう結果である。

5 通信発行・Web発信を盛んに
6 素養を深める
7 原稿執筆を計画的に
8 限られた学習の機会を生かす
 → これらは明日。 

|

« 今の自分に必要な言葉 | Main | 今年度の反省Ⅱ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今の自分に必要な言葉 | Main | 今年度の反省Ⅱ »