« 遠足で見た風景 | Main | 日本人ALTさん »

2010.06.13

7月号雑誌より

7月号の雑誌がすでに発売。今年も折り返し地点が近づいていることを実感した。

・「社会科教育」7月号
 特集は「ノートが激変・進化する授業10か条」である。基礎的な技能を教えるだけがノート指導ではない。各教科の授業の特性に応じたノート指導が必要と考えているので、今回の特集は参考になった。2年に一度ぐらい、本誌ではノート指導を特集にする。バックナンバーを探せば10冊以上の社会科教育でのノート指導の特集を見ることができる。これだけでも長年雑誌を取り続けている意味がある。

・「楽しい算数の授業」7月号
 こちらの特集は「保護者も喜ぶ!算数の学級通信アイデア」。学級通信によく授業のことを掲載していた。授業の様子を伝えることができるだけではなく、保護者に自分の指導意図を理解してもらうためにも、たいへん効果的だったと思う。最近の学級通信の傾向はどうなのだろうか。どうしても自校の様子しかわからないので、全国的な動きを知りたいところだ。

・「憎まれ役」(野村克也・野中広務 文春文庫)
 雑誌ではないのだが、こちらのサイトに紹介されていて購入。確かに惹きこまれて一気読み。政治の世界も面白い。野中氏に対するイメージも変わる。合わせて野中氏の他の図書も購入。

|

« 遠足で見た風景 | Main | 日本人ALTさん »

Comments

サトマサ先生、サイトのご紹介ありがとうございました。「憎まれ役」へのアクセスが急に増えたので調べてみたら、先生のサイトからでした。
あと、野中さんの考え方を知る本としては、「差別と日本人」
http://muratyan.cocolog-nifty.com/book/2009/07/post-c2e1.html
は欠かせませんね。本の出来としてはあまりよくないと思いますが、書かれている事実は重いものがあります。

Posted by: むらちゃん | 2010.06.13 at 23:11

むらちゃんさん、コメントありがとうございます。
「差別と日本人」も注文をしました。政治家の本を読むことが少ない自分にしては珍しいです。これもむらちゃんさんのご紹介のおかげです。

Posted by: サトマサ | 2010.06.13 at 23:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 遠足で見た風景 | Main | 日本人ALTさん »