« 管理職は人間関係のプロでなければいけない | Main | 新聞の切り抜き実践 »

2010.06.23

統導と立哨

以前にも一度書いた記憶があるが、公文書で久しぶりに「統導」という文字を見た。
私が初任の頃はよく聞いていた言葉である。「引率」と同じ意味だ。ただし、辞書にあるわけでもない。他県で使われているようでもない。いわば岩手県だけの言葉(と思われる)。

そんな中、家本芳郎先生の「教育実践練習問題」(ひまわり社)の中に「使いたくない用語」という項目があった。似た情報だなあと思って読んでいると、「立哨指導」と言う言葉にぶつかった。確かに誰かのブログでこの言葉を読んだことがあった。岩手では全く使わない言葉であるが。
辞書で調べると「歩哨 (ほしよう) などが、その位置を動かずに監視・警戒にあたること」という軍隊用語であった。確かに子どもたちを警戒するわけではない。家本先生が書かれているように「校門指導」の方がふさわしい。

きっとこのような用語もまだまだあるのだろう。何気なく使っている言葉に敏感でありたいと思った。

|

« 管理職は人間関係のプロでなければいけない | Main | 新聞の切り抜き実践 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 管理職は人間関係のプロでなければいけない | Main | 新聞の切り抜き実践 »