« マメであること | Main | 依頼されることの有難さ »

2010.07.23

1学期終了

無事1学期が終了。振り返りたい。

・管理職3年目。「新たな取り組みが必要」と意識し続けた1学期だった。その点で3年目でありながら、毎日新しい気持ちで仕事をすることができた。

・そうはいいながら、管理職として勉強しなければいけないことは実に多いと痛感する日々である。最近管理職の準備として購入した本を読み直した時に、自分が学ばなければいけない視点は多いと痛感した。さまざまな学習会で危機管理の対応を学んでも自分の今の準備は十分ではないのでは・・・と思うこともあった。

・授業については今年も今まで通り担当できた。学校のためには貢献したであろう。自分の授業論の本を4月に出版したこともあり、授業についてはこれからもこだわっていかなければいけないと思っている。

・自分自身の校外の仕事は、1学期間ずっと原稿に取り組んでいる。本だったり、連載原稿だったり、飛び込み原稿だったりさまざまだ。そしてこれは今後も同様である。正直苦しいのが実情だが、依頼されたことの有難さを思えば弱音を吐いている暇があったら原稿を進めなければいけないと思う毎日である。。

・明日から夏休み。業務自体はいくらか余裕がでる。外部講師の依頼も3回ある。基本的には長期休業中のみなので、この機会もしっかりと取り組みたいと思う。

|

« マメであること | Main | 依頼されることの有難さ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マメであること | Main | 依頼されることの有難さ »