« 久しぶりに講師 | Main | 子どもが伸びる喜び »

2010.07.29

「読む機会」がある有難さ

 地区の教育課程説明会に参加した。新学習指導要領が来年度から全面実施されることに関わっての説明会である。
 今までも新学習指導要領については自分なりに学んできたが、偏りがあった。総則や社会は繰り返し読んだり、解説編にメモを書いたりした。

 しかしながら、特別活動や生活、図工などはわずかしか読んでいない。解説書ではない形での学びはしてきたが、やはり原典に触れることは大事。それを読む機会と考えたら、今日の出張は有難かった。
 特に、かつて熱心に取り組んだ特別活動については、学級会・係活動・集会活動について低・中・高の目指すべき部分がわかりやすく書かれていて、感心しながら読むことができた。
 ただ、時間的にはかつて自分が実践してきた時代のように、思う存分子どもたちに活動に向かわせることは厳しいことも感じた。また、教員同士での情報交流での厳しさから、学級会運営の方法といったかつての財産が引き継がれない現状も理解した。

 あれこれ考えると、自分が受けたもの、与えられたものをどう受け継いでしていくかの難しさを感じる今日この頃である。

|

« 久しぶりに講師 | Main | 子どもが伸びる喜び »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 久しぶりに講師 | Main | 子どもが伸びる喜び »