« 「暑い」なんて言ってられない | Main | 冊子での発信 »

2010.08.10

有難きプール当番

岩手では夏休みに「プール当番」がある。
学校によって違うが、大きくは2つのパターンだ。
1つはPTAの当番に任せて、日誌や鍵、濃度といった管理面の部分だけを教師がするパターン。
もう1つは上記の管理面に加えて、実際の監視をPTAの当番さんとするパターンである。
今までの在任した5校のうち4校は監視も一緒にしていた。管理面だけは1校だけだった。

さて、本校もPTA当番の方と一緒に監視をする。子どもたちと一緒に泳ぎたい、遊びたいという気持ちもあるが、重大事故が起きては大変なので(他校も一緒に泳いでいる)、じっと見ている。1回1時間45分。それが本校は3回。学校では担当として私が当番になる。

このような当番を担任の時には、嬉しく思ったものだ。担任している子たちとじっくりと話せるいい機会だからだ。それは今も同じ。およそ7割~8割の子どもたちが参加する。バスの中、休憩時間に子どもたちに話しかける。「宿題は終わった?」「夏休みは楽しい?」というようなことだ。たわいのない雑談だが、子どもたちも出掛けたことや、お祭りのこと、いとこが遊びにきて賑やかなこと等、話してくれる。特に1年生は、初めての夏休みを楽しんでいることがよくわかった。

室温も水温もかなり高い水泳であるが、このような子どもたちとの会話は一つの清涼剤だ。有難きプール当番である。

|

« 「暑い」なんて言ってられない | Main | 冊子での発信 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「暑い」なんて言ってられない | Main | 冊子での発信 »