« プロの仕事 | Main | NHK戦争証言アーカイブス »

2010.08.14

野口先生会議術&有田先生仕事術

ちょうどお盆に9月分の教育雑誌が手に入ったので、見る。
今回は特集よりも題の部分に目が行った。

国語教育」9月号
野口芳宏先生が連載の中で「会議を効率化する言語能力」というテーマで執筆されている。
会議の中での司会技法、発言技法、質問技法、応答技法について述べている。
初任以来、職員会議や校内研究会については、考えるところが多かった。今は自分が職員会議の運営者となっているだけに、あれこれ改善策を試みている。
今回の原稿を読んで、会議は教員自身の言語能力を高める場として実践していきたいと感じた。

授業力&学級統率力」9月号
連載の中で有田先生が仕事術について書かれている。
・10分の時間の使い方を工夫する
・会議を減らす努力をする
というようにである。同感である。
さらに「もっと子どもと遊ぶべき」と主張されている。筑波大学附属小では朝、子どもたちと教師が運動場いっぱい遊ぶとのこと。超多忙の先生方でもこのようにしている。過去の自分を反省。

|

« プロの仕事 | Main | NHK戦争証言アーカイブス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« プロの仕事 | Main | NHK戦争証言アーカイブス »