« 連載終了 | Main | 広報部部長として学んだこと »

2010.09.01

心に入る言葉

とある学級に入る。掲示物の中で、すてきなカレンダーに思わず目がいく。
手作りで、温かい色で彩られたカレンダーだ。
見ると、1枚に一つ、メッセージが書かれている。
思わず目が行く。
自分の心に入ってくるメッセージがそこにあった。

・自分の輝ける場所は必ずあるんだよ。
・変化する勇気をもとう。新しい芽を育てるのは自分だ。
・あなたの花はあなたのまいたタネから咲くんだよ

子どもたちに語りかけたい言葉だ。同時に自分も心がけたいメッセージである。
特に「タネは自分でまかなければ・・・」というのは全くその通り。
自分もまだ何かしらの花を咲かせたいと思っている。
そのタネは何か。タネを探すことをやめてはいけないと思っている。

|

« 連載終了 | Main | 広報部部長として学んだこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 連載終了 | Main | 広報部部長として学んだこと »