« 広報部部長として学んだこと | Main | ブックトークでの発見 »

2010.09.03

自主研修への志

出張に行った先生から資料を見せてもらった。
その中に「体育研究会」の案内があった。
平日の18時から。隣村の小学校が会場だった。
主催者は、その学校の校長先生。

指導主事だったその先生が、前任校で飛び込み授業をしたことがあった。県の体育研究会の事前研修授業ということだった。
行政職にありながら、常にあちこちで飛び込み授業をされていた。もともと教諭時代も自主的な研修会に参加され、私も若き頃御一緒したことがあった。

校長先生になられて、今度は自校を会場にした自主研修会を開催している。
それも単発ではない。2カ月に1回の開催。
参加人数はもしかしたら少ないのかもしれない。
しかし、明らかに「タネ」を蒔いている。

校長と副校長という違いはあるものの、管理職として単身赴任している立場は同じ。
自校でのタネを蒔くことはしているが、外に向けてはどうか。そのことを考えさせられた研究案内であった。

|

« 広報部部長として学んだこと | Main | ブックトークでの発見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 広報部部長として学んだこと | Main | ブックトークでの発見 »