« 給食の短歌 | Main | 今年もこの季節 »

2010.10.05

学校放送番組を使いたくなった

 今月の15日に放送教育研究会東北大会岩手大会が行われる。
 一つの役をいただいている。6年前に岩手でやはり大会があった時に登壇した縁も関係しているであろう。
 いずれ有難い機会である。
 
 先週、会場校である城北小学校に打ち合わせや校内研究会があるということでお邪魔させていただいた。
 「ざわざわ森のがんこちゃん」や「伝える極意」、そして「大科学大実験」とその番組の特徴に合わせて、工夫して活用していた。そして、明らかに番組が授業に効果的に働いていた。
 ベテランの安定した授業に、学校放送番組のよさが加わる・・・このような授業を大会で見たら、「よし、学校放送番組を使ってみよう」と思うはずである。
 お聞きしたら、本格的に研究を始めたのは今年度になってからとのこと。先生方の熱意と力量を感じた学校訪問であった。本番が楽しみである。
 (ちなみにくわしい番組案内はこちら

|

« 給食の短歌 | Main | 今年もこの季節 »

Comments

 たかはしです。岩手大会にぜひ行きたかったです。木原先生の講演拝聴したかったですね。ちなみに、本校の校長が本県メディア教育部会長なので、後日お土産話を聴くつもりです。

Posted by: たかはし | 2010.10.05 at 23:34

たかはしさん、コメントありがとうございます。
木原先生の講演も確かに楽しみです。今までも2回、会場校に入って指導をされているようです。

Posted by: サトマサ | 2010.10.06 at 05:50

「伝える極意」を取り上げて下さいまして、ありがとうございます。番組内、最多出場記録を持っておりますf(^^;。

Posted by: 池田修 | 2010.10.29 at 11:07

「伝える極意」と言えば、池田先生ですよね。今回は池田先生が登場しない回でしたが、担当ディレクターさんはしっかりと授業を見ていきました。

Posted by: サトマサ | 2010.10.29 at 23:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 給食の短歌 | Main | 今年もこの季節 »