« 新たな取り組みのヒント | Main | 最近の本から »

2010.10.29

わが母校

時々チェックしている「教育ルネサンス」。
新しいシリーズが始まって驚いた。ここに出ている大川小学校は、我が母校だからである。秋田県から北に30kmほど行った小さな町の小さな小学校。当時も1クラスしかなかったが、調べてみると今は45人の小規模校だ。自分の勤務している学校と似た感じである。

もっとも、取り上げられるには理由がある。NIE実践校ということであり、ここに書かれている実践もかつての自分の実践とリンクしており、興味をもった。さらにいえば、コメントをしている小玉教諭は中学校の時のテニス部の2年先輩だった。

記事を読みながら、一気に小学校時代や中学校時代のことをあれこれ思い出す。教員にはなろうと全く思っていなかったから、「授業」や「先生の様子」の記憶はほとんどない。厳しく説教されたり、正座・ビンタされたことははっきりと覚えているが、それらは実に懐かしい思い出だ。(もちろん正当化するわけではないが)

そういえば、この生まれ故郷には隣県なのにしばらく行っていない。秋田市止まりだ。久しぶりに行ってみたくなった。

|

« 新たな取り組みのヒント | Main | 最近の本から »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新たな取り組みのヒント | Main | 最近の本から »