« 今年もこの季節 | Main | 敬語の使い方 »

2010.10.07

事務局仕事

今年度は町の副校長会の事務局をしている。
あまり引き受けたがらない仕事である。日常の業務に加えて、事務仕事が増える。文書発行も多いし、学習会・研修会も合わせると8回を数える。その運営のための準備や気遣いも必要だ。
急遽の対応も出てくる。昨日の研修会でもそうだった。前日に会場変更をするための手続きをあれこれ。幸い副校長職は電話連絡がしやすいのでスムーズな連絡は取り易いのであるが。

ただ、この事務局仕事をしていて、有難いのは同じ副校長の先生方のサポートや労いの一言である。同じあれこれの事務局をしている先生方なので、事務局の仕事ぶりを理解してもらえている。その行動や一言が気持ちよく心に入ってくる。
だからこそ、がんばってやっていこうという気にもなる。

考えてみれば、20代の時から、市の社会科研究会、組合の教科分科会、海外教育事情研究会、地区図工研究会等、職務外で多くの事務局をしてきた。その立場になったからこそわかることも数多くあった。
もし事務局を依頼されたら、それは喜んで引き受けるべきだ。その立場になってこそ経験できることがあるからだ。それは今回の町副校長会でも同様であった。

|

« 今年もこの季節 | Main | 敬語の使い方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今年もこの季節 | Main | 敬語の使い方 »