« 共感できる論稿 | Main | 心しなければいけない »

2010.11.10

このごろ読んだ本

このごろは、自分の仕事がらみの読書が圧倒的。今回も同様である。

祝日・祭日・記念日由来クイズ」(池田操著 明治図書)
 題名の通り、祝日・祭日の由来について改めて勉強になる本。後半の365日分のクイズは教室で毎日活用できる。今ならネットで調べられるだろうが、この本ができた当時はネットのない時代。まさに労作だったと思う。

校務の効率化を図る主任の仕事術」(教育サークル21 40代の会 明治図書)
 学校動かす40代が主任として何をすべきか、その仕事術について書かれた本。「学年主任が会議を仕切る」「名刺を作る」等、自分もやってきたことに共感。

子どもがじっと耳を傾ける魔法のおはなし」(向山洋一監修 師尾喜代子編 PHP)
 教師が書いた保護者が子どもに語るお話集。子どもたちをやさしく育てたり、かしこく育てたりするための魅力的な話が入っている。もちろん教室の読み聞かせにも活用できる。
 

|

« 共感できる論稿 | Main | 心しなければいけない »

Comments

The comments to this entry are closed.